• TOP
  • プロジェクトストーリー
建設業界を目指そうと思った理由は、
世の中に残っていく仕事だからです。

白﨑 堯大

Takahiro Shirasaki

入社13年目

PROJECT STORYプロジェクトストーリー

  • 自分自身がやりがいを実感できることをしたい

    以前は広告代理店で勤務していました。全く違う業種からの転職だとよく驚かれます。建設業界を目指そうと思った理由は、世の中に残っていく仕事だからです。
    広告づくりも確かにモノづくりですが、社会の基盤ともいえる建物づくりを担う仕事には大きな意義があるのではと考えました。 もっと自分自身がやりがいを実感できることをしたいと思っていたのです。もちろん建設や建築に関する専門知識はありませんでした。 会社の研修を精一杯利用し、日々の仕事の中でも学べることは全部学ぶつもりで、最初はとにかく勉強でした。学ぶことは理論や知識だけではありません。
    先輩社員から現場で教わる目には見えない仕事のノウハウや、職人さんから聞いた情報などすべてです。周囲から認められるために資格取得の勉強も頑張りました。

  • 後輩を育成することが重要な役目

    入社して数年は決して楽とは言えませんでしたが、自分が成長し進化しているのをはっきりと実感でき、それが喜びでした。
    入社13年目となった今、先輩社員として後輩を育成することが重要な役目となっています。とことん相手の立場に立つことを大事にしています。
    人を大切にすると一言で言ってしまえば簡単なように思えますが、自分ではない相手の気持ちを本当に理解することは難しいです。 だからこそ自分の考えを押し付けたり、決めつけをしたりせず、まずは後輩や部下の言葉にしっかり耳を傾け、指示や指導というよりも一緒に問題を解決することを心がけています。

  • 並々ならぬ達成感を味わえる仕事

    全くの未経験からはじめたものの、入社数年で現場管理を一人で任されるほどにまで成長できました。 大規模なビルや官公庁系の建物の案件も当社では多く、一般の方がよく知る建築物に携われるチャンスも多数。
    「実はあの建物を担当したんだ」と話すと驚かれたり、興味を持たれることも多いです。 工事の総責任者である現場代理人となると、期間中に延べ何千名という人たちをマネジメントしたりもします。日本人だけでなく外国人のスタッフもいたりします。 まさか自分がそんなに多くの人をまとめ、束ねる立場になれるなんて、入社前は想像もしていませんでした。
    自らの働きかけにより大規模プロジェクトを成功に導くことは、決して簡単ではないにせよ、だからこそ並々ならぬ達成感を味わえる仕事です。