「今こんな仕事をしているよ」
と知人や家族に誇れる仕事です。

工事部

武藤 圭介

2016年入社(新卒採用)

環境システム学科卒

INTERVIEWインタビュー

  • 東都熱工業に入社した理由は?

    環境システム学科に在籍していたので、社会環境に関する事業をしている会社に興味がありました。
    私は地元が品川なので、川崎本社の東都熱工業は近隣エリアのため親しみやすく、通勤も便利で仕事に集中できそうだと思ったのもポイントです。
    一次面接でさっそく社長に会うことができ、趣味のゴルフの話で盛り上がりました。社長との距離も近いフラットな社風で、若いうちから仕事を任せてもらえることに魅力を感じて入社しました。
  • 現在担当している仕事のやりがいは?

    工事部に所属し、工事のリーダー的役目を担う「現場代理人」を任せてもらっています。 大手企業だと20代のうちは先輩の補佐だったり、一つの業務しか任されなかったりすることも多いかと思いますが、当社の場合は実力があれば20代半ばで責任のあるポジションを任されますよ。 大規模オフィスビルや地下鉄駅の空調設備工事など手がける案件もスケールが大きめ。 「今こんな仕事をしているよ」と知人や家族に誇れる仕事です。
  • 社内の雰囲気はどのような感じですか?

    社長から新入社員まで全員の顔を覚えられるほどの規模ですから、一人ひとりの個性や強みを大切にする雰囲気がありアットホームです。 働きやすいなと感じるポイントは「下を伸ばす」社風が根付いていること。 工事の仕事は技術力ありきですが、入社したての時は熱意があれば心配はなし。先輩社員がしっかりと教えフォローもしてくれます。 やる気と実力があれば20代でもどんどん引っ張り上げてもらえるのでモチベーションが上がりますね。