皆がひとつになって
モノづくりをできることに魅力を感じ
入社を決めました。

工事部

坂本 佳奈

2018年入社(新卒採用)

危機管理学研究科 危機管理学専攻

INTERVIEWインタビュー

  • 東都熱工業に入社した理由は?

    大学・大学院では野生動物の研究をしていました。
    研究のなかでフィールドワークを行うことが多く、同じ目標やテーマを持った仲間たちと一緒に作業をしたり、行動したりするのが楽しかったので、社会人になってもそのような仕事をしたいと考えていました。
    当社が手がける様々な工事はまさにチームワーク。
    先輩・後輩・同僚を含めた皆がひとつになって、モノづくりをできることに魅力を感じて入社を決めました。
  • 入社後に受けた教育研修は?

    実際の職場で働く前にまずは本社で研修を受け、テキストを使って専門知識を習ったり、CADソフトを使ってみたり初めてのことをいろいろと学びました。 研修終了後に職場配属となりましたが、新入社員は基本OJT。周囲の先輩社員も「まずは教えて慣れさせる」というスタンスで接してくれたので安心でした。 事務作業や先輩の業務補助などできる範囲の仕事から任され、先輩もきちんとチェックしアドバイスやフォローをしてくれましたよ。
  • 現在担当している仕事内容は?

    工事プロジェクトがスムーズに進み、無事成功するよう管理する「施工管理」という仕事を担当中。 管理というと何か難しそうで、経験や専門知識が必要なようにも感じられますが、実は新入社員でも活躍できる場面はけっこうあります。 たとえば工事の材料手配や関係者との打ち合わせ、工事のスケジューリングなど。 今何が必要かを先回りして考え、調整や段取りをすると「ありがとう!」「とても助かったよ」「よく気が付いたね」と喜ばれることも多くやりがいを感じています。